mikiterao@jp.de

mikiterao.exblog.jp
ブログトップ

„Monet, Gauguin, van Gogh... Inspiration Japan” Museum Folkwang, Essen

e0316430_20321919.jpg

デュッセルドルフ近郊の町Essen エッセンにあるMuseum Folkwang フォルクヴァンク美術館。
100年近い歴史を持つ大きな美術館で、
19世紀後半フランス後期印象派、20世紀初頭ドイツ表現主義の絵画や彫刻、近年は加えて写真やビデオアートなどの有数なコレクションを持つことで有名で、2010年にイギリス人の建築家David Chipperfield デヴィッド・チッパーフィールドの建築でリニューアルオープンした
ここで現在開催中の企画展 Monet, Gauguin, van Gogh... Inspiration Japan モネ、ゴーギャン、ゴッホ 日本のインスピレーション” - 19世紀後半にヨーロッパで起こったジャポニズムが、どうのように当時の作家に影響を与え、また次世代芸術へ展開されて行ったかを検証する展覧会。これは日本人として是非観ておきたいと思い、今月始めに家族で訪れた。

会場はテーマごとに12の部屋に仕切られ、影響を受けたヨーロッパ作家の作品、モネ「睡蓮」シリーズ、ゴッホ「種まく人」、ドガ「踊り子」シリーズ他、ゴーギャン、クールベ、ボナール、ピカソなど、また影響を与えた日本の作品、葛飾北斎、歌川広重、喜多川歌麿などの浮世絵、陶器、扇子などの立体作品、名作が多数展示され、総点数400点以上というとても見応えがある展示だった。

浮世絵作品群はドイツ各地の美術館のみならず、近隣諸国からも集められていて、葛飾北斎「富嶽三十六景」シリーズがずらっと一列に並んだ壁を前にした時には、この光景をここドイツで観られることを幸せに感じた。オリジナルは色がとても鮮やかで、空、海、山に使われているプルシアンブルーがとても美しい。そしてモネ、ゴッホ、ロダン、ピカソなど有名な作家個人が、多数の浮世絵や型紙のコレクションを持っていたことを知り驚いた。

改めて浮世絵を観て感じたこと。
例えば人物画は、人体の動きや構図、着物の色や柄の表現などはとても多彩なのに、顔の表情は一貫して無表情。男女の営みの瞬間を描いた春画でさえもそうで、それでも日本人の私には微妙な感情を読み取れる気がするけれど、当時のヨーロッパ人には皆均一に見えたのではないかと思う。でもそれが自分達にはない摩訶不思議でミステリアスな魅力と写ったのかも知れない。春画から影響を受けたピカソの版画も展示されていたが、そちらの人物にはもっとヨーロッパ人的な表情があった。
風景画は山、海、木、橋など主題がはっきりしていて、また超近景と超遠景の組み合わせ、という西洋遠近法的には決して正しいとは言えない構図が多い。でも逆にそれが効果的な絵画表現となって強烈な印象を残す。よくこんな大胆な構図にしたなと立ち止まって見入ったものが何枚かあった。これもそのうちの一つ。

e0316430_20323129.jpg
(近景に道を歩く馬のお尻から足、遠景に町並みを描いている)



そして美術の教科書に載っていたような印象派の名画が続く。旧知の作品も影響を受けた浮世絵作品と一緒に並ぶと、なるほどと思う。セザンヌの「サント・ヴィクトワール山」を前にして3歳の娘に「これなあに?」と聞いたら、彼女は「ふじさん」と答えた。私が彼女に山といえば「富士山」としか教えていないのもあるけれど、日本絵画によくある富士山の絶対的存在感を、彼女がシンプルに感じ取った気がして面白かった。
そして10番目の部屋には展覧会クライマックスという感じで、ジヴェルニーのモネ庭園の大作が並び、ぜいたくな気分になる。浮世絵に描かれた太鼓橋に憧れて、自分の庭にも半円形の橋を作らせたモネを少しお茶目に感じた。

個人的に気に入ったのは、Mary Cassatt メアリー・カサットの版画。何気ない生活の一場面を表現した浮世絵作品から影響されて、母子像などを多く残している。あっさりとシンプルに描かれた小品は、家に飾ってずっと愛でたいような引き込まれる魅力があった。色彩や雰囲気から竹久夢二の絵を思い出した。

e0316430_20324344.jpg
Mary Cassatt 1890-1891年の作品



この展覧会をここヨーロッパで観ることができたことが、私にとっては意味があった。似た内容の企画展は日本でも多くされているが、日本で観るのとはきっと感じ方が違ったと思う。ヨーロッパから日本を想い、その極東の国がいかに遠く
、いかにその文化が異質で謎めいていて、そして当時の人々に斬新に映ったかを、西側からの視点で想像できた気がする。
展覧会は好評につき会期が延長され、2015年2月1日まで開催中。これから行かれる方は、とにかく見応えがあるので時間に余裕を持って訪れることをお勧めします。

e0316430_20325541.jpg


[PR]
by mikimics | 2014-12-28 21:32 | museum | Comments(0)