人気ブログランキング |

mikiterao@jp.de

mikiterao.exblog.jp
ブログトップ

Das Bauchgefühl

ドイツ人と結婚し彼との子供を産み育てている私の日常では、当然「言語」も大きな関心事のひとつとなっている。このブログにも „language”というカテゴリーを立てて、気になったことを時々残しておきたい。

ドイツ語で"„Bauchgefühl(バオホゲフュール)"という言葉がある。Bauchは「お腹」、Gefühlは色んな意味があるが簡単に言うと「気持ち」で、直訳すると「お腹の気持ち」。日本語の「直感」に近い言葉。頭で論理立てて考えたことではく、説明できないが自分の内側がそうだと感じる気持ち、というような意味。

この言葉に、私はある思い出がある。
ドイツでは出産後、自宅に助産師が定期的に来てくれて新生児の世話指導をしてくれるシステムがある。我が家もドイツ人の経験豊富な助産師に、娘の生後8週間まで来てもらった。彼女は娘が順調に育っているか毎回体重を計り、オムツの替え方からお風呂の入れ方まで一から教えてくれ、良いアドバイスをたくさん私にくれた。その中でも特に印象的だった言葉がある。

「母親は自分の子供の異変には絶対に気が付く。子供が何かおかしいなと思ったら、すぐに医者に行きなさい。そしてその医者が大丈夫だと言っても、夫に考え過ぎだと言われても、自分がまだ納得できないようなら、別の医者に行きなさい。最後まで自分のBauchgefühlを信じなさい。」
この言葉はとても私の胸に響いた。そして新米ママの私に、あなたは母親として自信を持って良いのよ、と背中を押してもらえたようで嬉しかった。

考えてみると私のこれまでの人生で何度か決断に迫られた時があったが、すべて最後はこの「お腹の気持ち」で決めてきた気がする。人によって様々なBauchgefühlがあるけれど、最終的にはそれぞれにうまくまとまるというニュアンスが含まれているような気がして、私の好きなドイツ語の言葉のひとつである。
by mikimics | 2013-02-19 10:12 | language | Comments(0)